先生と生徒

授業スタイルを知ろう

近年は、英語の力を重視する会社などが増えてきました。会社以外でも、大学受験なので英語力を通ところも多く、英語がますます重要になってきています。そんな中で、丸の内の英会話教室に通う場合には、まず最低限知っておきたい知識を整理しておきましょう。1つは、個別指導になります。マンツーマン指導等のように呼ばれる形式のものがありますが、これは先生1人に対して生徒1人が原則になります。この方法で英会話を学ぶと、より深いところまで学習をすることが可能になります。

マンツーマンでは無い少人数制

マンツーマンとは少し異なりますが、少人数制の英会話教室が丸の内にあります。少人数とは、先生が1人に対して生徒が2人から3人程度の授業になります。それと確認以上になると、今度はグループ学習と呼ばれる名前に変わることが多いです。ただ実際には、何人以上の生徒になったらグループ学習になるのかはその英会話教室によって若干異なるでしょう。少人数制の場合はマンツーマンよりも月謝は安いですが、グループ学習に比べると若干高くなります。

入会するときの金額を考えよう

これから丸の内の英会話教室に入会する場合には、どの程度の入会金や授業料がかかるかを気にしておきたいところです。基本的には、英会話教室に入るときには入会金と呼ばれるものを支払わなければいけません。入会金とは、入会するときに支払うおかげで、それ以降は支払う必要はありません。それ以外に必要になるのは、最初の月の月謝になります。また、普段はそこまで大きくありませんがテキスト代が必要になってくるでしょ1台は、1年に1回購入するパターンとクラスが変わるたびに購入するパターンがあります。

授業時間や週の回数

丸の内の英会話教室に通うとすれば、一コマあたりの授業時間はどれぐらいになっているのか気になるところでしょう。基本的に、ひとコマあたりの授業時間は40分から50分ぐらいになっているところが多いです。大学まで来ている人は、90分位の授業時間に慣れているため、短く感じるかもしれません。ですが、それだけの時間があればしっかりと学習を頭に叩き込むことができるでしょう。もちろん人によっては、短く感じる人もいるかもしれません。1週間に何回通ったら良い日ですが、基本的にこの辺は自由になっています。ただ一般的には週1回から2回通うことが多いです。社会人である程度時間がある場合は、1週間に2回通ってみましょう。予習に関しては、絶対に必要なわけではありません。丸の内の各英会話教室でそれぞれ定められていましたので、入会する前の段階で聞いてみると良いでしょう。英会話教室の中には、留学制度と呼ばれるものも存在していますので、留学する場合は利用してみると良いです。

広告募集中